新卒就活

何事にも積極的に取り組みます。私は学生時代に、部活動のキャプテンに立候補したことがあります。立候補した理由は、自分に自信を持つためでしたが、実際にキャプテンをしてみて、リーダーとして部員をまとめることの難しさを学んだり、チームワークの大切さを学んだりと多くのことを得ることができました。特に思い出に残っている出来事は、市大会で団体戦4位を獲得したことです。チームのメンバーは経験者と初心者が半数ずつでしたが、メンバー全員で作戦を立て、チーム一丸となって応援することで勝ち取ることができました。この経験を機に、私は積極的に挑戦することで、自分に自信を持つこともでき、かつ自分自身を成長させることができると考え、その後も海外留学や営業のアルバイト等様々なことに挑戦し、多くのことを学びました。この積極性、及び大学生活での経験を通じて学んだことを活かし、貴社の一員として貢献していきたいと考えております。(399文字)

グッドポイント診断で自己PRを簡単作成!

グッドポイント診断を受ければあなたの強みが5つ見つかるので、後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、自己PRは完成です!

(リクナビNEXTに登録後、診断可)

転職

私の強みは「積極性」です。物事に積極的に取り組み、自分のスキルアップへとつなげております。現在、私は商業施設のカスタマーサービスセンターで働いております。今の仕事でも自分の強みがお客様対応に大変役立っていると感じています。仕事をしていると分からない事が多々あります。私は館内のことで分からない事があったときは必ず自分から確認をしに行きます。部署が違うから、担当が違うから、という理由はお客様には通用しないからです。また、確認した内容をメンバーに発信するようにしています。他のメンバーの知識向上に役立ちたいからです。また、職場で部署が違う人とも積極的に交流を深めるようにしています。部署間でコミュニケーションが取れていたほうが仕事がやりやすくなるためです。それも仕事のうちだと考えてこれまで努力してまいりました。貴社でもこの積極性を活かし、様々な業務に果敢にチャレンジし、成果を上げれるよう頑張っていきたいです。(405文字)

積極性を効果的にアピールする書き方

①エピソードは具体的に、少しオーバーに、盛りすぎず伝える

なぜ積極的というPRをするのかという根拠になるエピソードは必ず必要ですが、その具体性がないとあまり意味がありません。

実際にあった自分の体験談の中から、どういうところで積極性をアピールできるのかを考え、ポイントを1つに絞って伝えましょう。

また、多少オーバーに表現することは大事だと思います。事実を曲げてしまうのはいけないことですが、

自分の行動・発言に関してやそれに対する相手の反応に関しては多少大げさに話した方がPRになると思います。

ただ、表現を大きくしすぎると、そのエピソード自体の信ぴょう性がなくなってしまうので、気を付けましょう。

②主観的な話ばかりでなく、他者目線を意識する

PRというのは自分の良い点をアピールすることも大事ですが、他者から見てどう映るのかということも意識する必要があります。

そこで、周りの友達や家族に自分が積極的で助かったという事があるか聞いてみましょう。

自分が気づいていなかったり、重要視していなかったことを他人が見てくれていて評価してくれていることもあります。

そのエピソードを織り交ぜることによって、自分の積極性という長所が他者にとって有益に働いているということがアピールできます。

自分ひとりで挑戦した話をする際も、その姿が他人からどう見えていたのかも付け加えて話すことで信ぴょう性が増すと思います。

表現としてはそういわれて初めて自分が積極的な人だということに気づいたというような表現でも効果的でしょう。

積極的に挑戦をすることが習慣になっているのだという印象を与えることができます。

③ただの目立ちたがり屋だと思われないように気を付ける

積極性というと、とてもいい響きですが、空気を読めない積極性は周りの人にあまりいい影響を与えないこともあります。

誰もリーダーシップをとらないときに積極的に前に出てくれる人は組織にとってありがたい存在ではありますが、
出なくていい時に出る人は積極的というよりも、ただの目立ちたがり屋だと思われてしまうケースもあります。他者がやりたくないことを積極的に取り組んでいるような人は組織にとって貴重な存在になりますので、そういう

エピソードがあれば入れることで対処できると思います。

まとめ

積極的な人は基本的にどこにいっても重宝される人です。何かに挑戦し続ける人も今の時代、重要な人材です。

ただ、目立ちたがり屋や独りよがりというようにとらえられてしまうと、マイナス評価となってしまいます。

些細な差のようで、大きく評価が変わるところなので、その点を意識しつつ自分の思う良さ、他人の思う良さを十分に表現しましょう。

グッドポイント診断で自己PRを簡単作成!

グッドポイント診断を受ければあなたの強みが5つ見つかるので、後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、自己PRは完成です!

(リクナビNEXTに登録後、診断可)